sai’s diary

プログラミング関連の備忘録とつぶやきを書いています。

Ruby - 環境構築

これまでC言語シェルスクリプトがメインでしたが、技術の幅を持たせようと思いRubyの勉強を始めました。

なぜ、Rubyかというと以前、簡単なツールを作成する際に興味本位でRubyを利用してみたところコーディングの手軽さと ライブラリによる拡張機能の豊富さがとても魅力的だったので一度、きちんと学んでみたいと思ったのがきっかけです。

先ずはプログラミング環境の構築から始めます。

環境はWindowsVirtualBoxをインストールし、ゲストOSにCentOS 6.5を利用しています。

CentOSyumコマンドでインストール可能なRubyのバージョンは1.8.7.352でしたが1.8.7、1.9.2系はサポートが終了していたので最新の安定板(2.1.2)をインストールすることにしました。

[user@localhost ruby-2.1.2]$ yum info ruby
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Determining fastest mirrors
 * base: ftp.nara.wide.ad.jp
 * epel: mirror.premi.st
 * extras: ftp.nara.wide.ad.jp
 * updates: ftp.nara.wide.ad.jp
Installed Packages
Name        : ruby
Arch        : i686
Version     : 1.8.7.352
Release     : 13.el6
Size        : 1.8 M
Repo        : installed
From repo   : updates
Summary     : An interpreter of object-oriented scripting language
URL         : http://www.ruby-lang.org/
License     : Ruby or GPLv2
Description : Ruby is the interpreted scripting language for quick and easy
            : object-oriented programming.  It has many features to process text
            : files and to do system management tasks (as in Perl).  It is simple,
            : straight-forward, and extensible.

RVMというサードパーティーのツールを利用するとrubyのバージョンを切り替えたり出来て便利な様ですがバージョン切り替えは実際にコードを書ける様になってからにしようと思い、今回は配布元からソースをダウンロードしてビルドしました。

[user@localhost ~]$ wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.1/ruby-2.1.2.tar.gz
[user@localhost ~]$ tar xvfz ruby-2.1.2.tar.gz
[user@localhost ~]$ cd ruby-2.1.2
[user@localhost ruby-2.1.2]$ ./configure
[user@localhost ruby-2.1.2]$ make
[user@localhost ruby-2.1.2]$ sudo make install

最後にコマンドを起動してバージョン確認、お約束のHello New Worldを表示して完了です。

[user@localhost ruby-2.1.2]$ irb
irb(main):001:0> p "Hello world"
"Hello world"
=> "Hello world"
irb(main):002:0> quit